子供と一緒にたのしめる『絵本』vol.1

TAGS

子供と一緒にたのしめる『絵本』vol.1 カバーイメージ

はじめまして、かみのそのです。

子供が産まれて毎日読むようなった絵本。
私たち親子が出会ったものをデザイン観点でも意識しながら、
改めて見てみようかな、
なんて思っているシリーズ第一回です。

初っ端の投稿としては、若干地味かもですが、、、

「かんかんかん でんしゃがくるよ」ぶん・え 津田光郎

「かんかんかん でんしゃがくるよ」ぶん・え 津田光郎

電車系の絵本でなかなか出会えない、踏切がメインのお話です。
今、息子の中では「かんかんかん」の音が大ブーム。
(踏切を見ると大声でかんかんかんと叫び続けます)
そんな中に出会い、即買いでした。
予想通り、大変気に気に入っているようで朝晩問わず、
「読んでください」コールが巻き起こります。

表紙タイトルはオシャレさや華やかさはないですが、
レトロな書体と赤と緑の原色から
間違いない!感が漂っています。

絵本の中

子供向けにデフォルメされた電車の絵ではなく、
山手線かな、中央線かな、と思うぐらい細かいのに
登場人物はすべて動物という、ほっこりした世界観となっています。

絵本の中

貨物列車が通り過ぎるシーンではバスや車が貨物として乗っていて
「電車on乗り物」という、乗り物好きには大興奮な場面構成や、
パトカーに乗っているのが「いぬのおまわりさん」だったり、
細かい演出でストーリーに深みがでます。

最後に母目線でいうと
文章が少なくて早く読み終えられる。なのに子供の満足度が高い。
という点も読み聞かせする側としてはなんともありがたい。
サイズ感もA4よりもひと回り小さく、
バックに入れて持ち運びできるナイスな1冊です。

TAGS

RECOMMEND