おうちでビリヤニwithバスマティライス

TAGS

おうちでビリヤニwithバスマティライス カバーイメージ

合羽橋でアルミのトレーを買ってから、どうもインドづいております。


新大久保のイスラム横丁にインド食材を求めてフラフラと向かいビリヤニを注文。初めて食べたのですが、インド風炊き込みご飯という感じで不思議と飽きずに食べられる。
急遽作ってみようかとなり、バスマティライスを買ってみました。バスマティライスはインドの高級米とのこと。ビリヤニの素は買わなくてもスパイスでできそうなのですが、箱を振ってみるとどうもスパイスが丸ごと入っているような大きな音がして、これは買った方がおいしくできそうだと判断。

こちらはバスマティライス。高級感があります。
バスマティライスの写真

こちらはビリヤニの素。
ビリヤニの素の写真

パッケージは英語でよくわからない。検索してみると、どうやらバスマティライスを炊くのが結構難しいようです。茹でると炊くを順番にやるような…不安になりつつも、早速やってみましょう。

玉ねぎをあめ色に炒めます。あめ色たまねぎは万国共通のようですね。
たまねぎの写真

スパイスと骨付き鶏肉を投入。見た目嫌いな方いらしたらごめんなさい…
鶏の写真

トマト缶を入れる。
トマト缶を足す写真

ヨーグルトを入れる。ここですでにおいしそう。このままご飯にかけて食べてしまいたいのをこらえます。
マサラというものができあがりました。
トマト缶を足す写真

バスマティライスは20分水につけました。その後、カレーリーフとともに5分茹でます。そして深鍋に移したマサラの上に載せる…4分待ちます!
炊きあがりの写真



どうですか…!



バスマティライスはデリケートらしく、最初の6割を茹で、そのあとで残りの4割を茹で..などなど諸説あり難しいようでしたが、今回は一気に全量を短く5分くらい茹ででざざっと深鍋にうつしてしまいました。でもそれでもとてもうまく行きましたよ!わかります。お米の失敗って怖いですよね…!みなさん勇気を出してやってみてください。茹ですぎ、炊きすぎにならなければおいしい感じがします。



盛り付け写真
いやーよくわからなくともやってみるものですね。思ったより、そしてなんだか(お店よりも)風味がリッチでおいしくできたように思いました。
新大久保でスパイスを買うのは楽しいのですが、いかんせん大量なのでインド料理友だちがいると分け合いっこできていいですね。誰かいないかな。

こちらで調達しました。


ナスコ フード コート(NASCO FOOD COURT)

〒169-0073
東京都新宿区百人町2丁目10−8 新大久保イニシャルビルANNEX
TEL : 080-4086-8631
営業時間 : 12:00~23:00
日曜営業

入るときは勇気がいりますが、お店の方が色々と親切に教えてくれます!頑張ってください!
宗教の関係で、お店ではお酒はNGですのでご注意〜

TAGS

RECOMMEND